施工エリア
山形県・・・村山、置賜、最上地方
宮城県・・・中部地方
※他の地域の方もお気軽に
お問い合わせください。
──────────────────
有限会社 中村建築
〒999-3103
山形県上山市金谷77-1
TEL.023-672-4420
FAX.023-672-7539

──────────────────
建設業者許可番号
(般-27)第101283号
建築設計事務所登録
(2201)第2909号
──────────────────
個人情報保護方針
サイトマップ













 
エコ住宅Q1.0-X BOOK 2012年版


リプラン東北VOL.36
qrcode.png
http://nakaken-net.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
194802
 

省エネルギー住宅

   
 | 省エネルギー住宅 | 外装 | 内装(自然素材) | 構造躯体 | 安全・安心 |
 

高断熱・高気密

高断熱・高気密
 
高断熱・高気密化の意味
断熱とは熱の出入りを少なくするということです。夏は熱を室内に通さず、逆に冬は室内の熱を外へ逃がさないようにするということです。例えるなら掛け布団のようなものです。寒冷期なら薄手のタオルケットよりも羽毛布団の方が暖かいですよね?きちんと断熱を図ることで外気温などに左右されない住宅になります。
気密化とは隙間を無くすということです。例えば冬場に窓を開けっぱなしで生活する人はいないと思いますが、隙間を全く意識せず単に施工した建物は、窓を開ける以上にあちらこちらに隙間があります。常に窓を開けているような家ではどんなに暖房をしても暖かくなるはずがありませんよね?こういった隙間を極力無くすことで、建物の熱損失を減少させたり、断熱材本来の性能を発揮させる事ができます。
   
最適な断熱工法
断熱材の種類や工法には様々なものがあります。また、建築地が同じ県内であっても断熱の基準は変わります。住宅に限らず省エネ基準は日々厳しくなっていますが、国の基準を満たしているからどの地域でも万全という考え方では快適な家づくりは叶わないと思います。弊社ではH24年度改正基準にもいち早く対応し設計段階で全棟温熱計算でシミュレーションを行い最適な方法をご提案します。基本的に断熱性能は熱抵抗値と厚みで決まります。例えば構造的に熱損失が少ない外張断熱と、低コストで厚みを確保しやすい充填断熱を組み合わせ付加するハイブリッドW断熱という方法など先を見据えた高断熱住宅をご提案しています。
 
 
 
ハイブリッドW断熱 断面図
   
高精度施工による気密化
建物は床や壁、壁と天井など水平と垂直の方向とが交わっていたり、防水のための取り合いなどとても複雑な造りになっています。木材は必ずしも平坦ではありませんし、材質や取り付け方でも材同士の合わさり方が違ってきます。このような状況で隙間を極力無くすのはとても大変な作業になります。弊社では長年培ってきた経験ノウハウをもとに気密層を設定し、自社職人の熟練の技術で高精度な施工をしています。「気密=施工精度」は現場で実測することで容易に確認ができるのですが、残念ながら気密測定は義務ではありません。測定を拒むメーカーもいるほどです。弊社は気密施工に自信があります。明確に精度を示すべく全棟で気密測定を実施し書面にて結果報告をしております。 
 
 
 
気密測定の様子
 

高性能な窓

高性能な窓
 
熱が一番出入りするのが窓です。熱伝導しにくい樹脂製の窓に、断熱性が高く熱を逃がしにくいLow-E(金属皮膜)ペアガラスを全棟標準としています。ガラスは更に断熱性能の高いトリプルガラスや真空ガラスをお選び頂くことも可能です。また、個々に日射遮蔽型と日射取得型を選択することにも対応しており、きめ細かな組み合わせが可能になっています。
 
 
樹脂サッシ
 
日射取得型Low-Eトリプルガラス
 

計画換気

計画換気
 
シックハウス対策のための規制が導入されどんな住宅でも常時運転する換気設備が義務付けになっています。一言で換気と言っても種類や方式が様々あることをご存知でしょうか。壁にファンが付いただけの効率の悪い簡素なものや、冬の冷気を多量に取り入れてしまうものなど、シックハウス以上のデメリットに繋がってしまうものもあります。
弊社の換気システムは全棟で換気計算シミュレーションによる高効率な配置ができるダクト式集中換気を採用しています。また、冷気や暖気が直接室内に入らない第1種熱交換式です。更に24時間365日運転する機器なので消費電力に優れるDCモータータイプを標準搭載しています。
 
 
         出典/パナソニック熱交換イメージ
 

全館暖冷房

全館暖冷房
 
弊社の手掛ける住宅は家を丸ごと断熱しているので、家全体を暖冷房する全館暖冷房を採用することができます。冬場は家中どこにいても温度差が少なく快適に過ごすことができます。最近では急激な温度変化があると身体がショック状態となり脳卒中や心筋梗塞を引き起こす原因となるヒートショック現象が取り沙汰されていますが、温度差の少ない住宅では身体への負担もありません。また、盆地である山形の夏場の蒸し暑さは窓を開けただけではなかなか軽減されないものです。その際も暖冷房効率の高い断熱住宅ならほんの少しエアコンに頼るだけでとても快適に過ごすことができます。
弊社では全館暖冷房を基本コンセプトに、快適な床暖房や高効率ヒートポンプ機器、バイオマス利用の薪ストーブ等様々な機器をご提案しています。
 
 
 
全館暖房イメージ
 
薪ストーブ
 

省エネルギー機器

省エネルギー機器
 
高寿命なLED照明、保温に優れる断熱浴槽、節水型水栓や節水便器など省エネ機器の導入を勧めています。太陽光発電は地産地消の観点からも地元生産品をラインアップに加えたり、端材利用を推進したりと、低炭素化のベースアップを意識しています。
 
 
LED照明
 
保温浴槽イメージ
 
太陽光発電搭載イメージ
 

低炭素化住宅

低炭素化住宅
 
平成25年度から運用が開始されたばかりの低炭素建築物認定制度も利用可能です。
 
 
           低炭素化認定住宅イメージ
<<有限会社 中村建築>> 〒999-3103 山形県上山市金谷77-1 TEL:023-672-4420 FAX:023-672-7539